中古トラックについて

中古トラックとリースはどっちがお得?

仕事でトラックを使用する場合、以前は購入する事が一般的でした。

 

そのため価格的に新車だと厳しい場合は、
中古トラックを購入するという選択肢がありました。

 

しかし今だと、トラックを購入するのではなく、
リースと言って一定期間トラックをレンタルする事が可能です。

 

では中古トラックを購入するのと、
リースするのとではどちらがお得なのでしょうか?

 

中古トラックを購入した場合は、
試算として計上されるため固定資産税が発生します。

 

対してリースは全額が経費として認められます。

 

また中古トラックの場合は、使えば使うほど消耗し、
資産価値は減少してしまいます。

 

しかしリースは減価償却が発生しません。

 

リース代金にはメンテナンス代や税金、保険料なども全て含まれた契約なので、
諸経費が発生しないという点も魅力です。

 

ここまでだとリースの方がお得だと思う人も少なくないでしょう。

 

しかしリースにもデメリットはあります。

 

まずリース代金は全て含まれるといっても、
その料金が高く設定されています。

 

当然、メンテナンスや煩雑な事務作業などを全て一手に引き受けている
リース会社に利益が出るように設定されているので高いのです。

 

そのため、長期レンタルになればなるほど、
中古トラックを自分で購入した方が諸経費込みでもお得になります。
またリースは途中解約する事が出来ません。

 

中古トラックとリース、どちらがお得なのかは、状況によって異なりますが、
繁忙期だけトラックの台数を増やしたいなど期間限定の場合はリース、
長期使用し続ける場合は中古トラックの方がお得だと言えるでしょう。
 

中古トラックのメリットについて

仕事でトラックが必要となった時に、
新車で購入するか、それとも中古トラックを購入するか迷う人もいるでしょう。

 

今回は中古トラックのメリットについて紹介したいと思います。

 

まず中古トラックの1番のメリットは価格が安いという点につきます。
トラック自体の価格が非常に高く、
例えば大型トラックの場合は新車で一千万円を超えるものも珍しくありません。
しかし、中古トラックなら状態もよく、
まだまだ長く使えるトラックが新車の半分以下の価格で購入出来ます。

 

1台の耐久年数で言えば、新車の方が長くても、
中古トラックなら新車の価格で2台分購入する事が可能なのです。
そう考えれば中古トラックの方が、経済的負担が少なくお得だと言えるでしょう。

 

またこんな考え方も出来ます。
新車に拘るのなら予算が少なすぎて、
トラックのグレードや機能を落とさないと購入出来ないかもしれません。
しかし新車の半額以下になる中古トラックであれば、
自分が欲しいと思っていた車種を
グレードや機能を落とす事なく購入する事が可能です。

 

トラックを購入する際に重要な事は、
使用用途に最適な車種を選ぶ事です。
資金の関係でグレードを落とすという事は、
それだけ性能が落ちてしまい、仕事の能率が落ちる事を意味しています。

 

また性能がいいトラックとは、燃費もよくなっています。
燃費がよければ、ガソリン代がコスト削減する事が出来ます。
つまり中古トラックを選んだ方が車種の選択肢が広がり、
その結果、仕事の能率、維持費などコストパフォーマンスが優れていて、
結果的に新車よりもお得な状況になる場合もあります。

 

新車の方が中古トラックより優れている、
そんな固定観念を持っていると実は損をしている可能性があるのです。
中古トラックの購入や売却を検討されているのであればトラック流通センターへhttp://www.kaitoriou.net/

更新履歴