中古トラックの維持費について

中古トラックの維持費について

中古トラックの購入金額を気にする人は多いでしょう。
しかし中古トラックは、維持費にも費用がかかります。
維持費にどれぐらいかかるのか、紹介していきたいと思います。

 

まず大型トラックには税金が課せられます。
税金には2種類あり、自動車重量税と自動車税です。

 

自動車重量税はその言葉どおり、
自動車の総重量に対して税金の支払う金額が変わってきます。
もちろん、総重量が重くなればなるほど税金額が高くなります。
10トントラックで年間27000円の税金がかかります。

 

それに加えて自動車税は10トントラックの場合で、38900円の税金がかかります。
つまり10トントラック1台所有しているだけで、
年間で65900円の税金を支払っているというわけです。

 

加えて中古トラックの維持費は、税金だけではありません。
保険料もかかります。
自賠責保険で49900円、それに車検代の相場が305800円かかります。

 

もちろん、あの大きな10トントラックを動かすためには、
たくさんのガソリン代がかかります。

 

10トントラックの場合は、使用用途が長距離運搬の可能性が高いので、
さらに維持費には高速料金代やフェリー料金も加算される事になります。

 

駐車場にも料金が発生する場合は、駐車場代も加算されます。
1台のトラックを所有するだけで、維持費がすごくかかる事が分かりますよね。
今挙げた維持費は必要最低限の維持費だけです。
ここにメンテナンス代や故障すれば修理の代金もかかります。
洗車すれば、洗車の料金もかかり、
さらに維持費は膨れ上がる可能性もあります。
それらの維持費や人件費を支払って、ちゃんと会社に利益が残るのかどうか、
計算してから購入するようにして下さい。