中古トラックのデメリットについて

中古トラックのデメリットについて

中古トラックは新車に比べて、
価格が安く購入出来るなどのメリットがあります。
 

 

しかし中古トラックを購入するのであれば、
メリットだけでなくデメリットについて把握しておく事が大切です。

 

まず知っておいてもらいたい事が、
トラックは自家用車とは大きく異なるという点です。

 

そんなの当たり前だと思うかもしれませんが、
自家用車であれば自分の車ですから大半の人が丁寧に扱います。

 

ですが商用車だと、丁寧に扱わない人もいるという事です。

 

そのため年式や走行距離だけでなく、
扱い方によってもトラックのコンディションに大きく差が生じてしまいます。
丁寧に扱っている場合はメンテナンスも定期的に行われ、整備されています。
車体の傷の数など見た目だけでなく、
車内や車の内部などのコンディションもよく、
劣化の速度が遅いのが特徴です。

 

逆に丁寧に扱われていない場合は、
年式が新しく走行距離が短くても劣化が激しいと言えるでしょう。
そのため扱い方で耐久年数が大きく違ってくるため、
中古トラックの選び方が重要なポイントになってくると言えるでしょう。

 

また車の心臓部分であるエンジンは一番消耗する部品です。
エンジンの状態を必ず購入する前に試乗で確認しなければ、
状態の悪いエンジンだとすぐに故障し、交換しなければいけません。

 

中古トラックで1番怖いのは、
欠陥車輌を購入させられる可能性がゼロではないという点です。

 

いくら中古トラックだからって、欠陥車輌なんて販売するわけがないと思いますか?
先日、マンションが斜めに傾くという欠陥住宅が世間を騒がせたばかりです。
トラックよりも高く、しかも新品であってもそんな事はありえる世の中です。
商品の良し悪しを見分ける目を、もたなければいけません。