ローン支払い中の中古トラックについて

ローン支払い中の中古トラックについて

中古トラック買い取り業者に売りたいと思っても、
さすがにこれは無理だろうと躊躇してしまうトラックもあると思います。

 

例えばローンの支払いが終わっていないトラック、
車検切れのトラック、故障して動かないトラック、事故車などです。

 

しかし、そんなトラックでも中古トラック買い取り業者によっては、
買取可能なケースもあります。

 

廃車にする前に、一度業者に査定してもらいましょう。

 

ただし、ローン支払い中のトラックに関しては注意事項があります。

 

それはローン支払い中の場合は、
トラックの所有権が誰名義になっているのか?という点です。
中古トラック売買の際には、所有権の名義を変更する必要があります。

 

もし銀行で借入して購入した場合は、
所有権は自分のものになっているので問題ありません。
ですが、クレジットのローンの場合は、
所有権は信販会社のものになっています。

 

所有権が自分になければ、
中古トラックの買い取りをしてもらう事が出来ません。

 

中古トラックの買い取り価格がローンの返済額よりも多ければ、
それでローンを完済させる事が可能です。

 

買い取り価格が、ローンの返済額より少ない場合もあるでしょう。
その場合は、業者が扱うローンに組み替えるという方法もあります。
ローンが残っていても、なんとかなるケースがあるので、
一度相談してみましょう。

 

どんなトラックでも買い取り可となっている
大手中古トラック買い取り業者で相談する事がポイントです。

 

故障車や事故車でも、
海外マーケットや車の部品として販売するルートを持っているので、
買取して利益を出す事が可能なのです。